※投稿したコメントは、投稿後5分間まで編集が可能です。
※誹謗中傷など、不適切なコメントはお問い合わせから運営まで通報ください。

評価の高いコメント

Tomioka H

公共系

業務改革の文脈か、戦略の文脈で考えるかどうかでは。

廣田達宣@政策×テクノロジー起業家🔥霞ヶ関の働き方改革を望む官僚の家族

この1年、スタートアップ界隈でも「DX」はバズワードになりつつあります。少し前まではいわゆるSaaS(Software as a Service)と呼ばれる月額固定のフィーを課金するクラウドサービスが主軸でした。しかし最近耳にするようになったのが、少数のナショナルクライアントにレベニューシェア型の課金でサービス提供し、顧客の事業と共に自社も発展するモデル。三井物産のアセマネのDXを請け負うLayerXとか( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000036528.html )、イトーヨーカドーのネットスーパーインフラを請け負う10xとか( https://10x.co.jp/news/posts/?id=2020-05-27 )が有名ですね。