脱炭素社会に向けた環境省レポート、OSSの活用事例集、青少年ネット利用の保護者アンケート結果|Government News Pickup

『Government News Pickup』では、ビジネスに役立つ政府資料の更新を政府公式サイトからピックアップしてお知らせします。

今回は、2022/5/9~2022/5/13に更新された情報をピックアップしていきます。

炭素中立・脱炭素社会に向けた中間レポート|環境省

今年の1月18日岸田首相から下記のような指示があった。

「炭素中立型の経済社会に向けた変革を成し遂げるためには、エネルギー供給構造の変革だけでなく、産業構造、国民の暮らし、そして地域の在り方全般にわたる取組が必要」(炭素中立型の経済社会変革に向けて(中間整理)から引用

これを受けて、クリーンエネルギー戦略全体を取りまとめる経産省でGX(Green Transformation)時代に向けた社会システム、インフラ整備の検討が始められた。

もちろん、”環境”省においても、委員会の設置などの動きがあり、今回のレポートが公表されるに至った。

レポートでは、主に下記の内容が記されている。

  • 各国の気候変動対策
  • GX実現に向けた地域、ライフスタイルの変化
  • GX実現に向けた国際協力
  • GX実現に向けた金融・経済・インフラの在り方
「炭素中立型の経済社会変革に向けて(中間整理)~脱炭素で我が国の競争力強化を~」の公表について|環境省

「炭素中立型の経済社会変革に向けて(中間整理)~脱炭素で我が国の競争力強化を~」の公表について|環境省

OSS利活用のための管理手法に関する事例集|経産省

もはや、オープンソースの利活用は、ソフトウェア開発において避ける方が難しい、というか積極的に活用することが望ましい昨今ではあるが、そのセキュリティ管理は重要なファクターではある。

特に大企業、公共機関になれば、何かあったら被害は甚大である。

もう少し言及すれば、「何かあったら被害は甚大、、、だからオープンソースに及び腰になる」ということも散見される。

しかし、先に述べたように今や避けること自体が難しいし、適切に使いこなせば効果的な開発が出来る。

そのために必要な管理手法事例がアップデートされたようなので、エンジニアや情シスに限らず、経営・事業・製品などをマネジメントする立場の人には一読して欲しい。

オープンソースソフトウェアの利活用及びそのセキュリティ確保に向けた管理手法に関する事例集を拡充しました|経産省

オープンソースソフトウェアの利活用及びそのセキュリティ確保に向けた管理手法に関する事例集を拡充しました|経産省

どのように、青少年のネット利用を保護者は管理すべきか|総務省

「子どもが、家のタブレットでゲームの課金を●千万してしまった」、「SNSで送った自撮りが原因で、性被害にあった」、「スマホ依存症のためのサービスが出た」…

最近、こんな話をよく聞くようになってきた。そうした青少年のネットトラブルの防止策として「ペアレンタルコントロール(※)」が注目されている。

※子供によるパソコンや携帯電話・スマートフォンやゲーム機などの情報通信機器の利用を、親が監視して制限する取り組みのこと。

いわゆる「家庭内ルール」やスマホやアプリの設定など、様々な観点で行われたアンケート調査結果が公表されているので、お子さんがいらっしゃる方は、要チェックだ。

我が国における青少年のインターネット利用に係るペアレンタルコントロールに関する調査結果の公表|総務省

我が国における青少年のインターネット利用に係るペアレンタルコントロールに関する調査結果の公表|総務省


編集・ライティング・デザイン:深山 周作