【開催終了】ポスト資本主義は「ただの幻想」か、「向かうべき道筋」か|勝手に有識者カイギ#13

本イベントは、パブリンガルサロンの運営するイベントとなります。

こんな人におススメ

  • ポスト資本主義に興味のある方
  • 官民の”ぶっちゃけ”ありな交流に興味のある方

イベント情報

2021年、世界を代表する政治家や実業家が一堂に会する『ダボス会議』で、テーマとされた『グレート・リセット』。クラウス・シュワブ世界経済フォーラム会長は、グレート・リセットについてこう述べている。

“「第二次世界大戦後から続くシステムは異なる立場の人を包み込めず、環境破壊も引き起こしている。人々の幸福を中心とした経済に考え直すべきである。資本主義という表現はもはや適切ではない。金融緩和でマネーがあふれ、資本の意味は薄れた。いまや成功を導くのはイノベーションを起こす起業家精神や才能で、むしろ『才能主義(Talentism)』と呼びたい。”

グレートリセットは、一言で表現すれば「より良い世界をもたらすために、私たちの社会と経済のあらゆる側面を見直し、刷新すること」だろう。

格差と不平等、気候危機、公的システムの老朽化、加速する多様化や個人主義的思想。あらゆる”歪み”に高いレジリエンスを持ち、持続性と幸福を追求した社会。

しかし、そんな社会への移行は本当に可能なのだろうか

新しい資本主義実現会議」の事務局を務める官僚、経済×社会の新たな概念「ゼブラ企業」を推進する起業家、資本主義の”次”を提唱する活動家、、、3名のゲストを迎え、それぞれの想い、見据える課題、ビジョンを交え、サロンメンバーと共に議論する。

【アジェンダ】

  1. オープニング
  2. ゲストプレゼン
  3. パネルディスカッション
  4. クロージング
  5. 交流タイム(任意)

【ゲスト】

官、民ともに本テーマの最前線で活躍するゲストを招き、建前抜きの議論・交流を行います。

  • 農林水産省 企画官(内閣官房出向中) 福田かおる
    • ※当日の内容は個人としての意見となり、所属組織による公表情報を除き、所属組織としての見解を述べるものではありません。
  • 社会活動家/社会システムデザイナー 武井 浩三
  • 株式会社Zebras and Company 代表取締役 陶山 祐司

【ファシリテーター】

  • Publink 代表取締役社長 栫井誠一郎

参加方法

イベントは、オンライン開催いたします。

【開催日時】

  • 2022/3/21(月) 19:30〜21:00@オンライン

【開催方法】

  • オンライン配信:配信用URLは会員限定Facebookグループに掲載

【参加条件】

※初月無料トライアルは、最低利用期間などはなく、お気軽にサロンの体験をできます。(⇒初月無料トライアルはコチラ

※Facebook、Twitterのソーシャルログインによる登録をされる場合は、必ずSNSサービスにメールアドレスを登録しておくようご注意ください。(案内メールが届かなくなる恐れがあります)